HP 1950スイッチ:WEB管理画面からデフォルトゲートウェイを設定する方法

HPの1950 Switch(今回は HPE OfficeConnect 1950 12XGT 4SFP+ Switch JH295A )で、ブラウザから利用するWEB管理画面からスイッチの管理用IPのデフォルトゲートウェイを設定する方法のメモです。

わりと分かりづらかったので苦労しました。。。

まずは管理画面にアクセスして左側メニューから《Network》をクリックして、Routeing の中にある《Static Routing》をクリック。

《IPv4 static routing》をクリック。

《+》アイコンをクリックしてルーティングを追加。

《Destination IP address》に【0.0.0.0】。
《Mask length》に【0】。
《Output interface》に対象となるVlan。(今回はデフォルトのVlan1)
《Next hop IP address》にデフォルトゲートウェイのIP。
最後に《Apply》で設定を反映させれば完了です。

これでデフォルトゲートウェイが設定されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。