MaxGaugeインストール:ORADEBUGを利用してIPCを確認する方法

MaxGaugeをインストールする際に、監視対象のインスタンスのIPCキーを確認する必要があります。
IPCキーの確認にはOradebugコマンドを利用しますのでその手順をメモ的にご紹介です。

Oracleユーザーで sqlplus を実行して下記コマンド(oradebug)を実行します。

SQL> oradebug setmypid
SQL> oradebug ipc

この段階でトレースファイルが出力されるので、大急ぎでトレースファイル確認してみます。
どのトレースファイルが該当のだ‥ と分からなくなりかねませんのでできるだけ早めに。

view /opt/oracle/diag/rdbms/orcl/orcl/trace/orcl_ora_5239.trc

shmid の数値を確認します。今回の結果でいくと「98304」が Shmid の値です。

   Area  Subarea    Shmid      Stable Addr      Actual Addr
      0        0    98304 0x00000060000000 0x00000060000000

ipcsコマンドを実行してキーを確認します。

ipcs -m

今回の結果でいくと、Shmid 98304 に結びつくキーは 0x72ba78cc ということが分かりました。

------ 共有メモリセグメント --------
キー     shmid      所有者  権限     バイト  nattch     状態
0x72ba78cc 98304      oracle     660        4096       0

これでIPCキーの確認は完了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。