wgetコマンドでproxyを使わない方法

wgetコマンド利用時に、設定ファイル /etc/wgetrc で指定しているプロキシ設定を利用したくない時はオプション –no-proxy を利用することでプロキシを回避できます。

例えば下記のように普通に wget をした場合。プロキシが利用されますが。

# wget http://192.168.1.65/
--2017-07-19 11:56:04--  http://192.168.1.65/
192.168.1.90:8080 に接続しています... 接続しました。
Proxy による接続要求を送信しました、応答を待っています... 200 OK
長さ: 1301 (1.3K) 
`index.html' に保存中

100%[===========================================================>] 1,301       --.-K/s 時間 0s

2017-07-19 11:56:04 (152 MB/s) - `index.html' へ保存完了 [1301/1301]

ここで –no-proxy オプションを利用すると。

# wget --no-proxy http://192.168.1.65/
--2017-07-19 11:56:25--  http://192.168.1.65/
192.168.1.65:80 に接続しています... 接続しました。
HTTP による接続要求を送信しました、応答を待っています... 200 OK
長さ: 1301 (1.3K) 
`index.html' に保存中

100%[===========================================================>] 1,301       --.-K/s 時間 0s

2017-07-19 11:56:25 (156 MB/s) - `index.html' へ保存完了 [1301/1301]

プロキシが利用されません。
何気に覚えておくと便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。