Linux版のTomcat 9でWebアプリケーションマネージャを設定する

Linux版のTomcat 9で、Webアプリケーションマネージャ(manager-gui)を設定してブラウザから管理できるようにしてみます。

今回はOSとして CentOS 7 を利用。
Tomcatのバージョンは 9.0.8 です。

Tomcat 9ではデフォルトで、Webアプリケーションマネージャ(manager-gui)のアクセスにローカルからのみ許可の制限が入っているので、接続したいIPを追加しておく必要があります。今回は 172.16.0.0/24 からのアクセスを追加します。

$ cd /usr/local/tomcat9/webapps/manager/META-INF/
$ cp -p context.xml context.xml.org
$ vim context.xml

allow の設定にIPを追加。

allow="127\.\d+\.\d+\.\d+|::1|0:0:0:0:0:0:0:1" />
↓接続元IPを追加
allow="127\.\d+\.\d+\.\d+|::1|0:0:0:0:0:0:0:1|172\.16\.\d+\.\d+" />

続いて tomcat-users.xml ファイルに接続用のアカウントを登録します。

$ cd /usr/local/tomcat9/conf/
$ cp -p tomcat-users.xml tomcat-users.xml.org
$ vim tomcat-users.xml

下記を追記します。
パスワードは適宜変更してください。

  <role rolename="manager-gui"/>
  <user username="admin" password="hogepassword" roles="manager-gui"/>

これで完了です。
最後にTomcatを再起動。

$ systemctl restart tomcat

Webアプリケーションマネージャ(manager-gui)に接続してログインできるか確認してみてください。

 http://[対象のIPアドレス]:8080/manager/html

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。