【CentOS 7】HISTIGNOREで指定してもhistoryコマンドが履歴から除外されないとき

CentOS 7 の bachrc で《HISTIGNORE》を利用して history コマンドの履歴から特定のコマンドを除外することができますが、ここに《HISTIGNORE=history:ls:ll》と指定したのになぜか history コマンドだけ履歴に残り続けるという謎事象に悩まされました。

解決策

結局、【HISTIGNORE=history*】とアスタリスク追記で記載したら無事に履歴から除外されるようになっています。

$ vi /etc/profile

下記を最下部に記載します。

HISTIGNORE=history*:ls:ll

これで完了。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。