CentOS 7で後からX windowsを追加インストールする方法

CentOS 7をMinimalインストール(最小構成インストール)した後に「あ、やっぱり必要だった!!」とX Window によるGUIが必要となったとき、追加で後からX Windowをインストールすることが可能です。 今回はその手順をメモ的にご紹介しておきたいと思います。

尚、永続的にGUIで起動するように設定を変更する場合、CentOS 7からは /etc/inittab の編集ではなく、例の systemctl コマンドで起動パラメータを変更することになるので要注意です。

yumでパッケージをインストール

yumを利用してX Windowをインストールします。ただ一個一個のパッケージを指定していたのでは気が遠くなるので、groupinstall を利用して一気にX Windowのグループをインストールします。

$ yum groupinstall "X Window System"
$ yum groupinstall "GNOME Desktop"
$ reboot

試しに手動でXを起動する

手動でX Windowを起動するには startx を実行するだけです。但し英語モードとして起動されてしまいます。

$ startx

日本語に変更する

英語モードでの起動ではなく、キチンとデフォルトで日本語で起動するように設定することができます。

$ cp -p /usr/bin/startx /usr/bin/startx.org
$ vi /usr/bin/startx

下記を適当なところに追記すればOK。

LANG=ja_JP.UTF-8

これで完了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。