CentOS 6.7でデフォルトのカーネルを変更する方法

CentOS 6.7で、yum updateによるカーネルのバージョンアップを行った後に起動してくる際のデフォルトのカーネルを変更する方法のメモです。

新しくなったカーネルで問題があった場合などに利用しますね。

/etc/grub.conf を編集

デフォルトのカーネルは /etc/grub.conf に記載されているのでそちらを修正します。

$ vi /etc/grub.conf

複数のカーネルがインストールされていると下記のようになっています。

default=0
timeout=5
splashimage=(hd0,0)/grub/splash.xpm.gz
hiddenmenu
title CentOS (2.6.32-696.el6.x86_64)
        root (hd0,0)
        kernel /vmlinuz-2.6.32-696.el6.x86_64 ro root=UUID=7edcec23-0f7c-4262-bf6e-ac736b68d7a3 rd_NO_LUKS rd_NO_MD  KEYBOARDTYPE=pc KEYTABLE=jp106 LANG=ja_JP.UTF-8 rd_NO_LVM rd_NO_DM rhgb quiet crashkernel=auto
        initrd /initramfs-2.6.32-696.el6.x86_64.img
title CentOS (2.6.32-431.el6.x86_64)
        root (hd0,0)
        kernel /vmlinuz-2.6.32-431.el6.x86_64 ro root=UUID=7edcec23-0f7c-4262-bf6e-ac736b68d7a3 rd_NO_LUKS rd_NO_MD  KEYBOARDTYPE=pc KEYTABLE=jp106 LANG=ja_JP.UTF-8 rd_NO_LVM rd_NO_DM rhgb quiet
        initrd /initramfs-2.6.32-431.el6.x86_64.img

この default の値を変更します。例えば上記のような場合は default=1 に変更です。

これで起動してくる際に古いカーネルが選択されるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。