vCenterが突然起動しなくなった(vpxdの起動に失敗)らパスワードの有効期限を要チェック

ある日突然、vCenterに繋がらなくなりまして四苦八苦しましたので顛末をメモ的に。
結論はズバリ、SQL Server 2012 に作成していたvCenter用DBユーザーのパスワード有効期限が切れていたからでした。

状況

突然vCenterに繋がらなくなり、サーバを再起動してみても、vCenter( vpxd )が起動できなくなりました。

システムログを見ても「インストーラーが壊れています」とかいうわけわからんメッセージが出る状況‥。

原因

vpxdログを見てみたところ、「vCenter Failed to connect to database」といったログが出ていたので、これってもしやDBユーザーに繋がらなくなったのでは‥。
と思い、確認してみたところドンピシャでした。

SQL Server 2012では、ユーザー作成時にパスワードの有効期限が勝手に設定されてしまいます。

解決策

SQL ServerのDBユーザーのパスワードを無期限にすればOKです。

SQL Server Management Studioを起動します。
2015-05-22_14h08_20

下記操作でユーザーのプロパティを表示します。
 ①セキュリティ
 ②ログイン
 ③vCenter_user をダブルクリック
2015-05-22_14h10_00

「パスワードの期限を適用する」のチェックを外します。
これで期限が解除されました。
2015-05-22_14h11_52

あとはvCenterサービスを手動で起動するか、もしくはサーバを再起動してみれば無事に起動するはずです。

ふぅ。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。