『失敗 – デバイス「X」では無効な操作です。』でディスク拡張が失敗する原因

VMware(ESXi)で、設定の編集からハードディスクの拡張を行おうとすると『失敗 – デバイス「X」では無効な操作です。』とエラーが表示されて拡張に失敗してしまうことがあります。

これは、VMスナップショットが存在していることが原因で発生することがあります。スナップショットが存在しているとハードディスク(VMDKファイル)の拡張が行えないようです。

というわけでスナップショットの管理から既存のスナップショットの有無を確認し、全て削除(統合)すれば拡張ができるようになりますので、試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。