FortigateのプライベートMIBをCentOS 5に追加する手順

Fortigateの200Dを導入してみました。
NagiosやMRTGによるSNMPでの監視を利用したいので、監視サーバ側にMIBファイルを追加したいと思います。(追加しなくても値の取得は可能ですよ) Fortigateのファームは v5.0 です。

現状の事前確認

とりあえずMIBをインポートしていない状態でsnmpwalkを使ってFortigateのメモリ使用率を取得するとこのような結果になります。MIBフィールド名が表示されていません。

# snmpwalk -v 1 -c public 192.168.1.1 1.3.6.1.4.1.12356.101.4.1.4
SNMPv2-SMI::enterprises.12356.101.4.1.4.0 = Gauge32: 12

MIBの追加手順

事前にMIBファイルを /root 直下にアップロードしています。
またアップロードする必要があるファイルは FORTINET-FORTIGATE-MIB.mibFORTINET-CORE-MIB.mib の両方が必要となります。

保管先のディレクトリを作成して設置します。

# mkdir /usr/share/snmp/mibs/vendor
# mv /root/FORTINET-FORTIGATE-MIB.mib /usr/share/snmp/mibs/vendor/
# mv /root/FORTINET-CORE-MIB.mib /usr/share/snmp/mibs/vendor/

追加したMIBを読み込むには /root/.snmp/snmp.conf というファイルを作成して追加ロードの記載をする必要があります。

# mkdir /root/.snmp/
# vi /root/.snmp/snmp.conf

下記を記載します。

MIBDIRS /usr/share/snmp/mibs:/usr/share/snmp/mibs/vendor
MIBS all

これで完了です。rootで再ログインすれば設定が読み込まれます。

設定後の動作確認

実際にインポートが完了したか確認してみます。
先ほど実施したようにFortigateのメモリ使用率を取得してみます。

# snmpwalk -v 1 -c public 192.168.1.1 1.3.6.1.4.1.12356.101.4.1.4
FORTINET-FORTIGATE-MIB::fgSysMemUsage.0 = Gauge32: 12

正常にMIBフィールド名が表示されました。

めでたしめでたし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。