Linux版Oracle Database 11gの起動手順と停止手順

2014-08-27_13h58_29

すごく基礎的なことなんですが、Linux版のOracle Database 11gの起動手順と停止手順を意外と忘れてしまってたりするので。

前提条件:環境変数のセットを確認

操作を行う前に、前提条件としてOracle関連の環境変数をセットしてある必要があります。
通常はOracleのインストール時にセットするはずなので問題ないかとは思いますが、今一度ご確認を。

# su - oracle
$ env | grep -i ora
USER=oracle
LD_LIBRARY_PATH=.:/opt/oracle/product/11.2.0/dbhome_1/lib:
ORA_NLS10=/opt/oracle/product/11.2.0/dbhome_1/nls/data
ORACLE_SID=orcl
ORACLE_BASE=/opt/oracle
TNS_ADMIN=/opt/oracle/product/11.2.0/dbhome_1/network/admin
PATH=.:/opt/oracle/product/11.2.0/dbhome_1/bin:/usr/lib64/qt-3.3/bin:/usr/local/bin:/bin:/usr/bin:/usr/local/sbin:/usr/sbin:/sbin:/home/oracle/bin
ORACLE_HOME=/opt/oracle/product/11.2.0/dbhome_1

ちなみに記載は .bash_profile に行ってるはずです。

# vi .bash_profile
# For Oracle
umask 022
ORACLE_BASE=/opt/oracle
ORACLE_SID=orcl
export ORACLE_BASE ORACLE_SID
export ORACLE_HOME=/opt/oracle/product/11.2.0/dbhome_1
export PATH=.:$ORACLE_HOME/bin:$PATH
export ORA_NLS10=$ORACLE_HOME/nls/data
export LD_LIBRARY_PATH=.:$ORACLE_HOME/lib:$LD_LIBRARY_PATH
export TNS_ADMIN=$ORACLE_HOME/network/admin
export NLS_LANG=JAPANESE_JAPAN.UTF8

Oracleの起動手順

Oracle Databaseを起動します。
あわせてOEMなどの関連サービスも起動する必要があります。

$ sqlplus sys as sysdba
SQL> startup
$ lsnrctl start
$ emctl start dbconsole

これでDBインスタンス、リスナ、OEMが起動するはずです。

Oracleの停止手順

Oracle Databaseを停止します。
あわせてOEMなどの関連サービスも全て停止させます。

停止は shutdown immediate で行いますので、接続しているセッションもぶち切られます。トランザクション中の処理はロールバックがかかって終了です。

$ emctl stop dbconsole
$ lsnrctl stop
$ sqlplus sys as sysdba
SQL> shutdown immediate

もし shutdown immediate で停止しない場合は shutdown abort で停止させますが、この方法だと強制終了になってしまいますのでデータベースの破損にも繋がりかねないのであんまりオススメできません‥。

あと abort で停止させた場合は、再起動後にリカバリモードで自動的に立ち上がってくるのでリカバリ処理が走ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。