インタフェース毎の通信状況を確認できるifstatusをソースからインストールする方法

Linuxサーバにおいて、各インタフェースのトラフィックをリアルタイムで確認できるツールに ifstatus というのがあります。
ifstatus
現在のリアルな受信値、送信値。
実行後からの最大値などなど。
いろいろな値を確認することができて便利です。

複数のインタフェースを持つサーバの場合、キーボードの数字キーを操作することで、表示されているインタフェースを切り替えることも可能。

インストール方法

CentOSにifstatusをインストールする方法としてEPELリポジトリを利用してRPMからインストールする方法もありますが、今回はソースからのインストール手順をご紹介です。

こちらの方が、わざわざEPELリポジトリを登録したりする必要がないので簡単。

まずはソースファイルをダウンロードします。

wget http://ifstatus.sourceforge.net/download/ifstatus-v1.1.0.tar.gz

続いて make して make install。これだけです。

tar -xzf ifstatus-v1.1.0.tar.gz
cd ifstatus
make
make install

簡単ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。