lsコマンドに時間がかかりすぎて返ってこない時は-Uオプションを付けるべし

lsコマンドでディレクトリの中身の一覧を取得しようとしたけれど、ファイル数が大量すぎていつまで経っても返ってこない事態に陥りました。おまけにCPU使用率も100%とバカ食いです。

じつはこれ、一覧のソート処理で時間とリソースを食われている事象になります。 というわけで、ソートをしないようにすれば返ってくるようになります。

ソートしないオプションは -U で可能です。
例えば下記のような感じ。

# ls -Ul

私の環境では、-Uをつけないと10分以上経っても返ってきませんでしたが、ソートしないようにしたら1秒ほどで返ってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。