【TeraTerm】LogMeTTとTeraマクロを利用して秘密鍵とパスワードで自動ログインする方法

ローカルに保存した秘密鍵を用いてTeraTermで自動ログインをする方法のメモです。実際にはTera Termのインストール時に合わせてインストールするLogMeTTを用いてマクロによる自動ログインを行います。

尚、サーバ側には既に公開鍵が保存され、またSSHなどの設定は完了しているものとしてご説明します。鍵の作成方法やSSH設定方法などは下記のさくらインターネットの方法を参考にしてください。

秘密鍵を指定して自動ログインするためのTeraマクロは下記になります。こちらでマクロを作成すればバチッと自動ログインが可能です。

ちなみに注意点ですが、秘密鍵ファイルのパスにスペース(空白)を含んでいるとうまく動いてくれません。必ずスペース無しのパスにしてください。

; setting
    HOSTNAME = 'IPアドレス'
    USERNAME = 'OSユーザー名'
    PASSWD = 'OSパスワード'
    KEY_FILE = '秘密鍵のフルパス(スペースを含むパスはダメ!!)'

    ; connection & login
    msg = HOSTNAME
    strconcat msg ':22 /ssh /2 /auth=publickey /user='
    strconcat msg USERNAME
    strconcat msg ' /passwd='
    strconcat msg PASSWD
    strconcat msg ' /keyfile=' 
    strconcat msg KEY_FILE
    connect msg

このような感じで作成。

以上です。
かなり適当に端折りましたがこれで大丈夫かと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。