【Linux Tips】動作している処理を一時停止させてバックグラウンドで再開する方法

ターミナルから既に実行して動作中の処理を一時停止させ、バックグラウンドで再開する方法のメモです。

まずは動作中の処理を Ctrl+Z で一時停止させます。
例として sleep 100 という処理を実行させておきます。

# sleep 100   ←   実行後に Ctrl+Z を押して一時停止へ移行。

[1]+  Stopped                 sleep 100

これでサスペンド状態になり一時停止します。

続いて停止中のプロセスのジョブIDを確認します。

# jobs
[1]+  Stopped                 sleep 100

最後に bg コマンドでバックグラウンドで再開させます。

# bg %1
[1]+ sleep 100 &

これだけ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。