LinuxカーネルパラメータSEMMNSとSEMMSLの値を確認する方法

OracleでPROCESSESパラメータの値を変更する際には、OSカーネルパラメータの調整が必要になることがあります。

そのパラメータが SEMMNSSEMMSL

パラメータ 意味
SEMMNS システム全体のセマフォの最大数
SEMMSL 1個のセマフォセットに入れることのできるセマフォの最大数

パラメータ値の確認方法

パラメータが SEMMNS と SEMMSL の現在の値を確認するには sem ファイルの値で確認できます。

cat /proc/sys/kernel/sem
250     32000   100     128

左から SEMMSL、SEMMNS、SEMOPM、SEMMNI の順で出力されますので、今回の結果はこんな感じです。

SEMMSL SEMMNS SEMOPM SEMMNI
250 32000 100 128

はい完了。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。