【CentOS 7】特定ユーザーのクォータ設定を削除(無制限)にする

xfs_quotaコマンドでディスククォータの設定を行っている時に、制限を設定済みの特定ユーザーのクォータ設定を削除(無制限化)する方法のメモです。

方法は簡単で、指定する値を「0」にすれば無制限となります。

まずは xfs_quota コマンドでクォータ設定を行いたいパーティションを指定。

$ xfs_quota -x /home

xfs_quotaコマンドで現在の設定値を確認。今回設定を変えたいユーザーは hogei となります。

xfs_quota> report -h

User ID      Used   Soft   Hard Warn/Grace
---------- ---------------------------------
root            0      0      0  00 [------]
hogei        150M   100M   150M  00 [6 days]

制限値を 0 にして設定。

xfs_quota> limit bsoft=0 bhard=0 hogei

無事に設定が削除されていることを確認します。

xfs_quota> report -h

User ID      Used   Soft   Hard Warn/Grace
---------- ---------------------------------
root            0      0      0  00 [------]
hogei        150M      0      0  00 [------]

これで対象ユーザーのクォータ設定が無効化されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。