【RHEL】CUIでRHNにシステムを登録する方法

Xwindow(GUI)をインストールしていない環境の場合、RHN(RedHat Network)への登録はCUI (CLI)で行う必要があります。
CUIでRHNに登録するには下記コマンドで登録できます。(詳細な流れは後述)

# subscription-manager register

ちなみに以前は RHN Classic (RHN クラシック) というのを利用して登録していたので、その際は rhn_register –nox というコマンドで登録できましたが、現在では RHN クラシック からサブスクリプション管理に移行しており、コマンドが変わっています。

システムの登録

# subscription-manager register
登録中: subscription.rhsm.redhat.com:443/subscription
ユーザー名: hogehoge
パスワード:
このシステムは次の ID で登録されました: xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

サブスクリプションの割当

システムを登録しただけではサブスクリプションが割り当てられていないので yum を利用することもできません。(状態が「サブスクライブしていません」となっている)

# subscription-manager list

+-------------------------------------------+
    インストール済み製品のステータス
+-------------------------------------------+
製品名:           Red Hat Enterprise Linux Server
製品 ID:          69
バージョン:       6.9
アーキテクチャー: x86_64
状態:             サブスクライブしていません
状態の詳細:       有効なサブスクリプションでサポートされていません
開始:
終了:

割当可能な プールID を確認。
(下記では「yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy」がプールID)

# subscription-manager list --available
+-------------------------------------------+
    利用可能なサブスクリプション
+-------------------------------------------+
サブスクリプション名:     Red Hat Enterprise Linux for Virtual Datacenters, Standard
提供:                     Red Hat Beta
                          Red Hat Software Collections (for RHEL Server)
                          Oracle Java (for RHEL Server)
                          Red Hat Enterprise Linux Atomic Host Beta
                          Red Hat Enterprise Linux Server
                          dotNET on RHEL (for RHEL Server)
                          Red Hat Software Collections Beta (for RHEL Server)
                          Red Hat Enterprise Linux Atomic Host
                          Red Hat Developer Toolset (for RHEL Server)
SKU:                      aaaaaaaa
契約:                     xxxxxxx
プール ID:                yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy
管理の提供:               はい
数量:                     無制限
推奨:                     1
サービスレベル:           Standard
サービスタイプ:           L1-L3
サブスクリプションタイプ: スタック可能 (Temporary)
終了:                     2022年04月27日
システムタイプ:           仮想

プールIDを割り当てます。

# subscription-manager subscribe --pool=yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy
サブスクリプションが正しく割り当てられました: Red Hat Enterprise Linux for Virtual Datacenters, Standard

割り当てられた事を確認します。

# subscription-manager list

+-------------------------------------------+
    インストール済み製品のステータス
+-------------------------------------------+
製品名:           Red Hat Enterprise Linux Server
製品 ID:          69
バージョン:       6.9
アーキテクチャー: x86_64
状態:             サブスクライブ済み
状態の詳細:
開始:             2017年04月27日
終了:             2017年10月05日

これでサブスクリプションが割り当てられ、 yum の利用も可能となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。