useraddコマンドでパスワードも指定する方法

Linuxのuseraddコマンドで、引数指定によるパスワードを設定する方法のメモです。
これを利用することで一行でuseraddとpasswdを終わらせることができます。

-p オプションで指定するけど平文はダメ

useraddコマンドは、-pオプションでパスワードを指定することができます。ただし、この-pで渡すのは平文ではダメで、暗号化された文字列でないといけません。無念。

cryptコマンドを併用して実行できる

暗号化された文字列を作るためにcryptコマンドを利用します。cryptってなんぞや?というのは割愛します。ググッてみてください。

実際には下記のコマンドでパスワード指定によるユーザーを作成することができます。

# useradd -p `perl -e "print(crypt('パスワードの文字列', '何か適当な英数字二文字'));"` ユーザー名

これで完了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。