【Oracle】DataPumpの対話式コマンドモードを抜ける方法

Oracle DataPump(impdp, expdp)では、 attach オプションを記載することで対話モードによりジョブの状態確認や終了 (kill_job) が可能となります。

この対話式コマンドモードから、ジョブはそのまま継続させた状態でコマンドモードを抜けるには【exit_client】を利用します。

$ impdp hoge/hogepassword attach=job_imp1
Import> exit_client

これで対話式コマンドモードのセッションを終了することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。