CentOS 6:sysstat(sar)の採取間隔を10分から5分に変更する方法

sarコマンド(sysstat)のサンプリング採取間隔はデフォルト10分間隔です。
この間隔を5分間に変更するには、cronの記載を変更するだけで対応できます。

まずは現在の設定を確認します。

# cat /etc/cron.d/sysstat
# Run system activity accounting tool every 10 minutes
*/10 * * * * root /usr/lib64/sa/sa1 1 1
# 0 * * * * root /usr/lib64/sa/sa1 600 6 &
# Generate a daily summary of process accounting at 23:53
53 23 * * * root /usr/lib64/sa/sa2 -A

現在、10分間隔で採取し、毎日23時53分に集計していることが分かります。

この記載を下記のように変更します。

# vi /etc/cron.d/sysstat
# Run system activity accounting tool every 10 minutes
#*/10 * * * * root /usr/lib64/sa/sa1 1 1
*/5 * * * * root /usr/lib64/sa/sa1 1 1
# 0 * * * * root /usr/lib64/sa/sa1 600 6 &
# Generate a daily summary of process accounting at 23:53
#53 23 * * * root /usr/lib64/sa/sa2 -A
58 23 * * * root /usr/lib64/sa/sa2 -A

これで、5分間隔での採取。そして毎日23時58分に集計をするようになります。

以上です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。