NetAppでディスク消去機能disk sanitizationを有効化する手順

NetApp (OnTap) でdisk sanitizationという機能を使えば、ランダムな値を上書きする等により行うディスク消去が可能です。ただし利用するには disk sanitization のライセンス(無料)を登録する必要があります。

無料とはいえライセンスキーを入手する必要があるので、NetAppの導入ベンダーの営業さんに「disk sanitization のライセンスを発行してちょうだい」と言わなければなりません。(なんで最初から登録してないのよ‥)

ライセンスの登録方法

ライセンスキーを登録すれば disk sanitization 機能が有効化されるようです。

> license
> license add [入手したキー]
> license

もし有効化されていないようでしたら下記コマンドも試してみてください。

> options licensed_feature.disk_sanitization.enable on

注意点

disk sanitizationを利用する際の注意点として、データ消去の対象のディスクはRAIDで使用されていないスペアディスクとなっている必要があります。

というわけで、disk sanitization実施の前に、対象ディスクを使用して構成されているvolumeならびにaggregateの削除を行ってください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。